インプリウス乗りnox

2015年3月21日に愛車GC8インプレッサを手放して2016年2月5日よりZVW55プリウスになりました。2016年12月15日癌が発見されました

0826

革秀寺の白い蓮  

弘前に来たついでに蓮を見てきた
革秀寺と言う場所。ピンクの蓮は、もう終わっていて一枚目の写真には沢山のシャワーの口が出来ている。白い蓮も今がピークかな?

DSC03397.jpg
DSC03404.jpg
天気が良くてホント良かった。でも薬の副作用のせいか運転中眠い時があって少し怖かったw
長距離運転は厳しいかな?気を付けないと・・・

Posted on 2017/08/26 Sat. 22:31 [edit]

CM: 2
TB: 0

0826

森の中の果樹園  

DSC03391.jpg
今日は天気が良かったので弘前までドライブ
森の中の果樹園と言う果物食べ放題の所に行きました。ココは季節ごとに様々な果実が成り食べられる場所です

DSC03376.jpg
本日はモモ・プルーン・プラム・ブドウが1200円で食べ放題です

DSC03378.jpg
プルーンの成っているのを初めて見たかも。熟し過ぎて柔らかすぎたかな

DSC03382.jpg
DSC03381.jpg
ブドウも食べられます。赤いブドウも食べ頃。綺麗に手入れされている

DSC03389.jpg
DSC03387.jpg
桃もあったけど実が固い品種だったみたい。緑色の桃もあったけどコレから熟するのかな?

DSC03393.jpg
DSC03395.jpg
プラムはお腹一杯で食べて来ませんでした。こちらのブドウは販売用のブドウ。食べ放題のブドウより実が大きい

Posted on 2017/08/26 Sat. 22:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

0725

酸ヶ湯丑湯祭り  

酸ヶ湯で丑の日(2017年7月25日)の丑の刻(深夜2時)に千人風呂の新湯に入れるイベントが有ります
そのためには前日の24日に宿泊する必要が有ります

DSC03045.jpg
素泊まり税抜き6000円でした

DSC03047.jpg
まず新湯にするために24日の夜9時にお湯を抜きます

DSC03049.jpg
この風呂は先日行った蔦温泉と同様の源泉湧き流しなため風呂の底からお湯が沸いてくるタイプです
なので普段の清掃ではお湯を抜いても足首くらいお湯が残るらしい

DSC03086.jpg
そこをこの日だけはポンプを使い底が見えるようにお湯を抜く

DSC03058.jpg
お湯を抜いた所を歩かせて貰えた
浴衣のまま浴槽に入るなんて滅多に無い経験ですね

DSC03102.jpg
浴槽の底を見れば判りますが普段出ている木の表面と比べると色が全く違います
階段がお湯が浸かっている場所と表面で綺麗に色が別れています

DSC03117.jpg
一度お湯を抜いたら今度は入れ直しです。と言っても下から湧き出してくるのでポンプを抜いて待っているだけなんですけどね
ここで足首くらい溜まった所で浴槽に入る機会を貰えました
偶然階段の近くに居たnoxが一番で入ったけど熱い!!温度を計ると一番熱い場所で48℃くらい
お湯から出てからも足がヒリヒリするくらい熱かった

DSC03124.jpg
そして丑の日の深夜1時半湯揉みの時間です。noxが一番乗りだったけど深夜と言う事もあって参加者が先程よりも少ない

DSC03127.jpg
先程も書いたけど高温なため丑の刻まで30分掻き混ぜて温度を下げる

DSC03130.jpg
こんな感じ
コレが結構重労働な上に温泉の熱で汗が出る
音楽を掛けながら(草津音頭的な)掻き混ぜていない人は手拍子で掻き混ぜる人を励ます
noxは写真撮影時間以外は掻き混ぜていました
何とか丑の刻までに温度が下がり入れるようになり昨日の記事通りnoxが一番風呂で入りました
でもあの後noxは朝の痛み止めの薬が無い事に気づき(夕方の分しか持って行かなかった)腹痛が少し来ていたため朝まで居たら帰るのが困難と予想し無理を言って深夜にチェックアウトして帰ったので泊まっていないですw
今まで薬を貰っても飲む習慣が無かったから薬を持ち歩く癖が無くて考えていなかった
少し勿体なかったけど良い経験が出来ました

Posted on 2017/07/25 Tue. 22:13 [edit]

CM: 0
TB: 0

0722

蔦温泉に避暑  

昨日は天気が良かったので蔦温泉に。
蔦温泉とは南部側から八甲田山に上る道の途中にあります
ちなみに南部側から行くと八甲田山ルートの麓で奥入瀬渓流と八甲田山に向かう分かれ道が出て来ます
その八甲田山側に向かって1キロ行かない所で駐車

DSC02943.jpg
森の中を散策出来るみたい。橋の存在は前から気付いていたけど行った事無かったんだよねぇ。いつも津軽へ行く通過点でしか無かったから。今回は時間もあるので入ってみた

DSC02957.jpg
森の中は歩きやすいように通路が有ります。普段山には入るけど歩く専用に整備された山の道を歩く事なんて無かったので逆に新鮮

DSC02959.jpg
蔦が木と木を繋いでいる。自然の凄さを目の当たりに出来ました

DSC02985.jpg
トンボも居ました

DSC02975.jpg
奥入瀬渓流と繋がっている蔦川が有ります

DSC02989.jpg
八甲田山を上る事3キロくらいで蔦温泉に到着

DSC03024.jpg
自転車置き場もあるけど山を上ってまで来るのか・・・ちなみに蔦温泉を抜けて八甲田山の一番高い山の頂上まででも7キロくらいあるんじゃないかな?ちなみにその頂上から青森市までは20キロくらい上り下りします

DSC03023.jpg
古い旅館な佇まい。実は初めて蔦温泉に来たけど入浴料は800円!しかも大して広くない浴槽が1つのみで身体を洗う場所は三カ所で立ちながらと言う今までで一番コストパフォーマンスの悪い温泉かも

DSC03006.jpg
でもココは源泉湧き流しと言うスタイルらしい。早い話が浴槽の底から温泉が直接湧き出ているみたい。通りで熱めのお湯だった訳だ

DSC03009.jpg
温泉から出ると休憩所があった。ロッキングチェアなんて初めて見た
蔦川の湧水も無料で飲めます

DSC03007.jpg
椅子から見る風景
ココは入浴として見ると高いけど、周りは自然だらけだし避暑地でゆっくり過ごしているよな感覚を味わえる
800円は時間の流れをゆっくり感じさせる料金だと思えば決して高くないと思った
行ったのは金曜の昼間と言う事もあって人も少なく静かなな中。木々の葉が擦れる音と風鈴の音だけが聞えてくる
エアコンの部屋の快適さも良いけど、少し暑くてもこういう過ごし方も良いなぁ
ただロッキングチェアで思ったより寝そべるような態勢に成らないのね。リクライニング機能が欲しかったw

Posted on 2017/07/22 Sat. 20:37 [edit]

CM: 2
TB: 0

0712

津軽ドライブ  

明日が抗がん剤の日なので動ける内に津軽方面へドライブ

DSC02852.jpg
DSC02897.jpg
浪岡~弘前~碇ヶ関の道の駅を巡ってきた。今の時期はメロンが盛んなようです
浪岡の道の駅で買ってきた海苔巻き

DSC02853.jpg
ホテルアップランドの温泉へ
ここの温泉はひょうたん型の浴槽に橋が架かっていて温泉には大量のリンゴが浮かんでいます
でも熱のせいか温泉成分のせいか少し柔らかくなっていた
お湯自体はそんなに熱く無いのに打たせ湯の滝だけ43、4℃くらいと結構熱めなのは何だろう?

DSC02861.jpg
津軽ドライブに来た目的はコレ。田舎館村の田んぼアート
今回は村役場の方はヤマタノオロチ

DSC02870.jpg
田んぼアートを作るためにコレだけの種類が使われているらしい

DSC02874.jpg
役場隣のスペースに屋台が出ていてソフトクリームを買いました
3種類入って400円と破格な値段!手前のカラープリントされたチョコも食べれます

DSC02885.jpg
もう一か所田舎館の道の駅の隣にある田んぼアート。近いのに広いから一枚に収めるのは非常に難しい
noxのカメラはパノラマ撮影が出来るのでセーフ

DSC02886.jpg
DSC02887.jpg
コチラの田んぼアートは別の方角には石を並べて作られたストーンアートと言う物もありました

DSC02888.jpg
近くには田んぼアート駅と言うダイレクトネーミングな駅もあるようです

Posted on 2017/07/12 Wed. 20:25 [edit]

CM: 4
TB: 0

カウンター

最新記事

カテゴリ

ブログ開設から

カレンダー

プロフィール

全記事表示リンク

ブログランキング

カテゴリ別記事一覧

リンク

▲Page top