インプリウス乗りnox

2015年3月21日に愛車GC8インプレッサを手放して2016年2月5日よりZVW55プリウスになりました。2016年12月15日癌が発見されました

0919

安保法案  

うーん。プリウスの記事の時にも書いたけど、noxは基本時事ネタを書かない方針。noxが体験した事を書く場所にしているから
でも、時事ネタでnoxも思う所もあるし、他のブロガーさんの場所も様々な意見を書いていてソコに乗っかってnoxの意見をコメントするだけってオカシナ気がしたからnoxの考えを記事に書こうと思った。ただ、noxも詳しく知っている訳でも無いから勘違いしている事もあるかも知れない
安保理、別名戦争法案と勝手に名前を、すり替えてTVでは大々的に報じている法案
そもそも、何が変わるのか反対している人の何パーセントが理解しているんだろう?まさか、1つの法案だと思ってないよね?
1つの新しい法案と10の改正法案を合わせた物だった気がする
しかも、前回の選挙の時に民主党は公言もしている事。有言実行しているだけなのです。
ソレを全国数万人程度のデモ(10万居たとしても日本総人口の0.1%にも満たない)で取りやめたら民主主義じゃなくなる。声を大にした人間の勝ちなんてオカシイ。しかも、ココに賛成派が声を上げればソレこそ争いになるでしょう

現状の日本は、日本が攻撃されないと相手に反撃出来ない。そもそも反撃出来る時点で9条どうした?って話にならんのか?
だから、同盟国がドレだけ攻撃されようが何も指を咥えて見ているだけなのが、今の日本って事で良いのかな?
それだとするならば、身近に例えるなら友達がイジメられてても見て見ぬフリをするって事なの?自分には危害が加えられてないから何もしない。でも、自分が危害を加えられたら友達に守ってねって言っている。だけど、基地の建設は反対してるとw
そもそもTVの論点で根本が間違っているのは改正賛成派だって、戦争はしたくない。平和であるなら、ソレが一番。でも理想論
安全と同じで、そんな世の中は存在しない。夢を見てはイケない。もし、平和を実現する具体案があって、実現可能な物があるならソレを口にすべきだ。その案もnoxは考えたけど
・人間が絶滅する事
・人間が無欲になる事
・人類共通の敵が現れ協力する事
・全ての人間が、機械のパーツのようにメリットデメリットが寸分たがわず噛みあう事
ドレも実現不可能。
今回の反対派も、沖縄の基地問題も同じ。代替え案と具体案を言わない。もし、攻められた場合は、どうするのか?
話し合いで解決出来るなんて有りえない。文化も言葉も違えば習慣も考え方だって別物だし。事実、先日のデモで反対派が実力行使してきたんだから。意見が平行線のまま強行されたら力で止めようとする。
まぁソレは別に悪い事じゃないとnoxは思う。自分の身を守るために力を振るう事は構わない。ソレで相手が傷付こうが仕方が無い。相手が、向かって来たのから。自分勝手な人間の本性そのままの姿だと思うし。
ただ、自分を守る戦争は良いけど領土拡大とか攻め込む戦争は、しないで欲しいね。欲を出すとロクな事が無い。そこら辺がハッキリしないのはハッキリさせて、相手に穴を付かれて手出しが出来ない状況を作りたくないからって言うのもある。裁量で決められるなら迂闊に攻められない。確実に手が出せない方法が判ればソコを突ける(尖閣諸島の時のように)

テロでも戦争でも相手が命を掛けてきた時点は、コチラの意思は関係なく、同じ舞台に居る以上コチラも命を掛ける事になる。
ソレが嫌なら舞台から逃亡するしかない。戦争を避ける方法は、相手に納得して貰うしかない。
相手の思い通りに明け渡すのか相手に有利な状況を差し出すのか金なのか何でも良い。向こうが争いを辞める策を講じなければならない。
でも、楽して良い物が手に入るならソコに入り浸るのが人間。イジメで金をせびられるのと同じ状況。ソレを許したら一度じゃ済まない
逆に言えば、コチラが命を掛けたら、向こうも本気で対応する事になるって事。ちょっかいじゃ済まされないそのカードを持つ事が今の法案で可能になる。

だったら今まで通りアメリカに守ってもらう
結局は、日本人じゃ無ければ他人が日本のために戦争するのはOKって事になる。日本の事で他人が争うって事は、守ってくれる相手にメリットが無くなり逃げ出されれば即死と言う事。虎の威を借りる狐の状態は、その虎が老衰してきたら、どうするの?様々な事に首を突っ込んでるんだし守りが手薄になったら、どうするの?代わりに何処かの国が攻め入られて崩壊しようとしても、それでも、日本を優先してアメリカ人が命掛けてくれるのか?全てを完全に守りきれるなんて状況ばかりが起きるのは映画だけだからね。
そこまで反対派は考えているのか?
アメリカから見れば日本はコチラに協力してくれないのに、守りばかり強要してくるって思うんじゃない?
今度は中国からの視点で考えると

海に出るには沖縄が邪魔をしている
此処さえなければ、外に出れる。まさに檻の中状態。もし、アメリカ以上に強くなってアメリカに、お前の場所には攻撃を絶対にしないから沖縄の所だけ黙って見過ごせって言われて自国を守るためにアメリカが黙ったら、どうするの?
アメリカに守ってもらうが通用させるには、アメリカに協力しておく事が重要になる。今のアメリカは、お金を渡すだけじゃ済ませれなくなっている。それくらい、世界情勢が、昔と変わって来たって事なんでしょ。

まぁ今までの歴史上、国の領土の拡大縮小は当たり前だったんだから、固定されている今がオカシイって思えば戦争反対して中国に攻められて中国領になるって考え方も間違いでは無いなぁ
ただ、占領された国の人間が、どうなるかは過去を見ればハッキリと判るからな。ソレを覚悟で戦争反対するなら良いと思う。
ギブアンドテイクが嫌なら、独りで自分を守るために、それこそ強大な武力を持たなけば行けなくなるからね。じゃないと、助けてくれる人が居ないなら、あっと言う間に飲み込まれる。世界ってフィールドに立っている以上、観客には成れない。

Posted on 2015/09/19 Sat. 19:46 [edit]

CM: 2
TB: 0

« サイクリング三沢  |  飲み屋 »

コメント

増本世志夫さんへ

> 五連休は晴天が続くようです。noxさんも連休なのでしょうか。
> 昨夜は、コメントを送信したのですが、アクセスが集中していため失敗しました。いつもコメントありがとうございます。
>  時には、自分の思をつづることも必要だと思います。そうした書き込みに対して、様々な意見が起きたとしても、それはごく当たり前のことだと思います。noxさんが、「友達がイジメられてても見て見ぬフリをするって事なの?」と問題点を比ゆ的に表現してくれていますが、正にその通りだと思いますよ。今の日本は、日本が安全でさえあれば、他国で何が起きようとも知らぬふりをしておけば良い、そのような感覚だと思います。
>  ところで、16日(水)でしたが、青函連絡船・八甲田丸の船内がNHKテレビで紹介されているのを拝見しました。
>  それでは、素晴らしい連休でありますように。
>  

そうですね。色々な生き方をしてきた、様々な経験により多種多様な人生観があるのでnoxと違う意見が出てくるハズです
それは決して悪い事ではないし、当たり前の事。そして、ソレが間違っていると断定出来ません
お互いの意見が違っても、お互いが正しい事を言っている場合もあるのですから。
どちらかが、必ず悪いなんて数学みたいに答えが1つな訳じゃない
だから、話合いが必要なんです。お互いの意見が合う別の答えが無いのかを。でも、今回のデモの人は話し合いが出来るような状態だったか?って言ったら疑問でしたよね。自分を正しいと信じて疑わなず相手が間違っていると決め込んでいる。
それでは話す場を設けても意味が無い。解決するための話し合いの場が必要なのだから。
そして、その意見で今まで物事の視点を変えて見る事が可能だとも思う
ただ、時事ネタを書かないのは単純にnoxはブログを日記として使っているってだけなんですけどねw

丁度今日久々に晴れて自転車乗れたよ。
八甲田丸は中を見た事無いなぁ。昔は船だったんだよね。今は、沢山の人が頑張ったおかげで電車でイケるけど。

nox #- | URL | 2015/09/20 21:29 * edit *

五連休は晴天が続くようです。noxさんも連休なのでしょうか。
昨夜は、コメントを送信したのですが、アクセスが集中していため失敗しました。いつもコメントありがとうございます。
 時には、自分の思をつづることも必要だと思います。そうした書き込みに対して、様々な意見が起きたとしても、それはごく当たり前のことだと思います。noxさんが、「友達がイジメられてても見て見ぬフリをするって事なの?」と問題点を比ゆ的に表現してくれていますが、正にその通りだと思いますよ。今の日本は、日本が安全でさえあれば、他国で何が起きようとも知らぬふりをしておけば良い、そのような感覚だと思います。
 ところで、16日(水)でしたが、青函連絡船・八甲田丸の船内がNHKテレビで紹介されているのを拝見しました。
 それでは、素晴らしい連休でありますように。
 

増本世志夫 #- | URL | 2015/09/20 09:14 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://noxnix.blog.fc2.com/tb.php/344-5bdf0baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

最新記事

カテゴリ

ブログ開設から

カレンダー

プロフィール

全記事表示リンク

ブログランキング

カテゴリ別記事一覧

リンク

▲Page top