インプリウス乗りnox

2015年3月21日に愛車GC8インプレッサを手放して2016年2月5日よりZVW55プリウスになりました。2016年12月15日癌が発見されました

0801

レーダーで判った事  

レーダーを付けて色々車の中身を見て判った事がある
プリウスはCVTだからフルスロットルで4000回転代である。おそらく6500回転くらいがレブじゃないかな?
燃費重視の加速なら1600回転くらいでも加速出来る
純正モニターでは表示されないがエンジンが作動している事が有る
この時はモーターのみで走るモードが使えなくなっている(おそら(高温状態になり冷却のために強制的にエンジンが掛かるのかも)
タコメーターが無いプリウスはエンジンの情報が掴みづらいのでコレは有益な情報だった

通常のエンジンブレーキ内では約20mAくらい充電される
回生ブレーキでの充電はMAX120mAが限界。エコゲージの充電バーが頭打ちの目安なのでソレ以上のブレーキは効率の悪い減速になる。コレを防ぐには高速域の走行時の減速は早めに減速する事。思いの外減速度合いが緩くても充電バーを振り切ってしまう
加速は通常のモーターのみなら50mAくらいは加速に消費する。EVモードなら80mAまで消費出来る(その分加速が若干良くなる)
定速時のモーター消費電流は60キロなら20mA程度。70キロなら30mA程度消費する
この辺りは時速との駆け引きだね
一番衝撃的だったのはエコゲージ。ハイブリッド車に乗れば大抵表示されるけど、ゲージが充電区間、エコ区間、パワー区間に別れている
エコ区間ギリギリが一番バランスが良いんだけど、今までnoxが同じアクセル開度だと思ってアクセルを踏んでもエコ区間を振り切る場面がたまに出てた。noxの腕も落ちたのかとショックを受けていたが、モニターでアクセル開度とエコゲージを見たらアクセル開度は同じでもエコゲージが状況によって変動している事が判った。ハイブリッドはベストな開度がある訳じゃないみたい。
エンジン車なら回転数次第だったから数ミリアクセルを戻すとかで調整してたんだけどねぇ
おそらく気温や水温エア吸入温度など様々な情報から、その時のベストなエコ状態を示しているんだと思う
プリウスは思っていた以上に綿密な演算処理をしているみたい。そりゃ外車には真似出来ないよね。だから皆EVやディーゼル・PHVに逃げていく

処理済~DSC08458
国産ハイブリッド車は値段以上に手間が掛かっているんだと思う。

Posted on 2016/08/01 Mon. 22:36 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 口金 2069円  |  クリームチーズの味噌漬け »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://noxnix.blog.fc2.com/tb.php/720-42c65c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

最新記事

カテゴリ

ブログ開設から

カレンダー

プロフィール

全記事表示リンク

ブログランキング

カテゴリ別記事一覧

リンク

▲Page top